a thousand miles

どうもギターのテルです


少し肌寒くなってきましたね

秋は一番好きな季節ですが

これから始まる冬のことを考えると少し憂鬱です。。


四季の中で圧倒的に長い冬に比べると秋なんて一瞬ですしね

さて、

今月24、25はアンチモン四国ツアーです


そして今回はウクレレプレイヤーのKYASさんとのジョイントライブです

旅行ついでに是非見に来てくださいね


それでは、今回の曲に参りましょう

今回は

vanessa carlton の a thousand miles です


むっちゃ売れましたよね

昔は聞いたときの印象はピアノとストリングスの印象しか無かったですが

今あらためて聞くとギターも入ってるし打ち込みも入ってて

ロックポップスなアレンジなんですね


そして、この曲出たの10年以上前になるんですね

ザ シンガーソングライターって感じの曲ですが

ピアノリフ、ストリングスの入り方、ドラムのグルーヴ感

ヤバいです。


気になったので調べてみると

ドラムはabe laboriel jr.なんですね

最近だとポールマッカートニーのツアーで日本にも来てますね

お父さんも超有名なベーシストで名前も一緒です

子供にジュニアってつけたらお父さんはシニアになるんですかね?

その辺は詳しくわからないですが

この人が abe laboriel st. 体からリズムが溢れ出ています

カッコいいリズム出す人って体幹がブレないですね

勉強させていただきました


話が寄り道しちゃいましたが

曲どうぞ

0 コメント

too young to die

どうも

ギターのテルです。


夏はあっというまで

もう秋ですね


よく行く猫caffeの猫も毛がフサフサしてました

一日中エアコン効いた部屋に居るのに季節わかるんですね。


話は変わりますが

9/1から流れてるミスタードーナツのCMでguitarひかせていただきました。

ミスドは担々麺をかなり早い段階で出してましたよね

しかも超あっさりスープで肉まんとセットになってました

なので大人になって担々麺食べたとき

これじゃない感が半端無かったです。

なんじゃこのドロドロスープは。。って


まあそれはともかく

オールドファッション最高ですね。


さて、

今回の曲はjamiroquaiのtoo young to dieです。

JKのソロユニットと思われがちですが

ジャミロクワイはバンド名です

メンバーがころころ変わるのでバンドっていうか...

って感じですが


今のメンバーとこのころのメンバー聞き比べると

全然ノリの出し方が違って面白いです

今のメンバーはかっちりって感じで聞いてて気持ちいいですが

このころのメンバーはthe asid jazzって感じで

rockのようなfunkのような絶妙な配分がかっこいいです。


トビースミスとステュワートゼンダーは最高ですね。

今もドラムは変わってません

昔とは違いますが今のバンドも大好きです。






それでは曲をどうぞ

0 コメント

Rock with you

こんにちは

ギターのテルです


やっと梅雨があけて

また暑い夏が始まるようです

どこか旅行でも行こうかな

暑いからやめとこかな。。



そんなこと言いつつ

先週金沢に行ってきました


去年の今頃も行ってましたが

今年もアンチモンで行ってきましたよ


カンガルー拾ったみたいに見えますが

真ん中の彼(彼女?)はアンチモンのリーダーです



とてもきれい好きなリーダーは

爪の間にぬれた砂が入るのが

どうしても嫌なようで

しかたなく2人で抱えています


よほど気持ちよかったのか

しっぽを前に回して喜んでいます

これはライブ終了後恒例の集合写真

ライブ中の写真がないので

また手に入り次第のせよかな

てなことで今回の曲行きます

今回はrock with you

マイケルジャクソンの名曲です


個人的な意見ですが

マイケルジャクソンの曲って

ギターで作ったんじゃないかってくらい

ギターで演奏しやすいです


コード弾いてるだけでさまになるというか

弾いてて気持ちいいです


この編成好きです

次のソロライブはこの編成でやってみようかな


そして今回

打ち込みも入れてみました

しばらくこのスタイルで続けてみます


では曲をどうぞ

0 コメント

how deep is your love

お久しぶりです

ギターのテルです


暖かい季節になってきましたね

そろそろうちの周りにも野良猫が集まってくる時期です

楽しみでたまりません



そういえば

駅までの道の途中に猫の集会場があります

このへんを住処にしている野良が集まってるんでしょうが

僕に懐く猫はいつも参加していません

一匹狼ならぬ一匹猫、いや狼っていってるんやから

上位互換の一匹獅子か??


類は友を呼ぶのですね。。



さあ今回は

bee geesです。


最近やとウーロン茶のCMで使われてましたね


stayin' aliveはとても有名ですね

なんでもこの曲

心臓マッサージにちょうどいいtempoらしいです

曲名の通り 生き長らえる ですね。。

 

ほかにもたくさん有名な曲があるのですが

今日はこの曲を選びました


how deep is your loveです


このメロディーとアレンジとても好きです

何回聞いても飽きません


後bee geesではないのですが

このPVが好きです

歌詞の意味が変わってきますよね。。

フォークのシーンが良いですww


それでは演奏をどうぞ

0 コメント

Hallelujah I Love Her So

どうもギターのteruです

 

今日はブルースの巨匠

Ray charles

に挑戦です。

 

いやあ、めっちゃ大変でした。。

 

前回のニールセダカも大変でしたが

今回はさらに上を行ってましたね

 

もうこのまま終わらないんじゃないかってくらい

打ちのめされました笑

 

 

まずは原曲を

そしてわりと最近の

Jerry Reedのバージョン

かっこいい!

Humble pieのバージョン

ギターの音最高っす

もう音で誰かわかりますね笑

joe sample. davit t walkerバージョン

てな感じでむっちゃかっこいい曲なんですよね

 

いつかこのB♭キーで弾けるように頑張ろ!

 

それでは演奏をどうぞ

0 コメント

laughter in the rain

ギターのテルです。

 

花粉がひどい。。

最近は涙を流しながら毎朝起きてます

どうやら僕の花粉は檜のようでこっからが本番とのことです

ただかゆい目を擦るのは嫌いではないので

少し楽しみでもあります

痒いとこに手が届くのはたまりませんな。。

 

 

 

 

 

先週金沢へアンチモンで行ってきました

 

メロメロポッチってとこで

喫茶店のような雰囲気なんですが

音はなかなかよかったです

 

 

今回は後半から師匠の和田さんにも入って頂きました

普段は2人+1匹(リーダーのカンガルー)でやってるので

低音が入るとアンサンブルが締まりますね

テンションあがりました

これから恒例になるであろう

ちんすこう撒き

前髪を切ろう

初めての場所だったのでちょっと緊張しましたが

スタッフのかたやお客さんのあったかさで

良いライブが出来たと思います

次への課題もできてよかったっす

また来れるように頑張ります!

 

 

さて

話が変わるようで変わらないんですが

 

良い曲でもう一回聞きたいけど

タイトルがわからないってことありますよね

 

金沢の帰りの道中

僕にとってとても幸運な事が起きました

 

車でラジオを聞きながら帰ってたんですが

なんとそのラジオから

中学の時から探してた曲が流れてくるではありませんか

 

たぶんCABINかなんかのラジオCMで使われてたのを

初めて聞いてそっからその時間帯はずっとラジオを聞くように

してました

 

なにぶん歌が歌えないので人に聞く事も出来ず

モヤモヤした20年間がようやく終わりを迎えました

長かったw

 

じゃあ曲名言っちゃいますね

 

neil sedakaのlaughter in the rainです

 

ゴールドディスクもらうぐらいメジャーな人なんですが

中学当時の僕は女の人が歌っているとばっかり思い込んでました

そりゃ見つからんはずや。。

 

では原曲を

ほんで最近の弾き語りのやつ

かっこいい。。

この人は一体何歳なんや

50年代から活躍してるという事は

70歳ぐらい?

すごいな。。

 

探しものが見つかったので

記念に演奏してみました

どうぞ

 

 

また思いがけないとこで見つける事を祈って

0 コメント

ソロギター don't know why

どうもteruです

 

最近

薬指の爪だけ伸びるのが異常に早いんですが

なんか病気の兆候ですかね。。

切って2日ぐらいで他の指を追い越しちゃってます

見て見ぬふりしとこ

 

 

またカレー作っちゃいました

今回はサグチキン

スパイスは少なめにしたので

あっさり食べれます

 

クミンシード

コリアンダーパウダー

カイエンペッパー

この三種類のみでもなかなかいけます

さて今回はソロギター第2弾

dont know whyをカバーします

まずは原曲をどうぞ

大好きな曲なんですがkeyが。。

そこで今回参考にしたのはこちら

作者のjesse harrisです

この人すごく多才で

もともとは作家になりたかったみたいです

そして1995年にonce blueというユニットでデビューしてるんですが

なんとkurt rosenwinkelがギターで参加してるみたいです

今度聞いてみよう

他にも映画出演やfesやったりなんでもやっちゃいます

 

まあ説明はこのぐらいにして

演奏をどうぞ

0 コメント

使用ギター紹介その2

どうもteruです

 

書ける時に書いちゃえって事で

2夜連続投稿です

 

深夜のyoutube徘徊が日課なんですが

そこでとんでもないものを発見しました

 その名も The RINGERS

jimmy herring , wayne krantz , michael landau , etienne mbappe , keith carlock

 

全員好きです。。

 

これ有名なんかな?

テンションあがってしまいました。

 

 

さて

今回紹介するのはこちら

世にも珍しいストテレです

 

fenderに Stratocaster  custom

ってありますが

こっちはテレキャスブリッジで

コントロールもテレキャス使用です

 

ボディはアルダーで

メイプルネック僕からすると極太

フロントP-90

リアseimour duncan

コンデンサーにampでよく使われてる

SOZO Mustard のレプリカを使ってます

DrZとかに使われてるやつです

 

 

 

 

一からパーツを集めて作ってもらったんですが

レリックボディやレリックネックって

いまが旬ですね

完成度むっちゃ高いです

 

MJTのボディなんですが

レリック加工ももちろんですが

ほんまに枯れた音がします

 

よく良いテレキャスのリアは

トーン絞ればレスポールの音がする

と言われますが

そんな感じです

 

 

レリックもいい感じ

 

 

 

わかりにくいですが

結構ハードめなレリックのボディです

 

このギターを組んでもらったところで

機材メンテやボード配置とかもお願いしてるんですが

このギターを作る時に

ほかに3本兄弟ギターができたみたいで

それもなかなか男前です

後ろのサンバースト2本は売りに出してるみたいなので

もし買いたい方がいらしたら紹介します

だいたい10万前後くらいです

 

ちなみにこのサンバーストのボディは

ジャパンビンテージで有名な

Eシリアルのフジゲン製フェンジャパです

 

試奏動画も載せておきますね

0 コメント

Solo album

 

どうもteruです

 

 

前から趣味でカレーを作ってるんですが

また最近はまってます

 

混ぜるのか混ぜないのかでも

仕上がりがかわるので

やり始めると終わりがありません。。

 

油も結構使うので

体にはあんまり良くないんやろな笑

 

 

ちなみにこのまえ作ったのはこんな感じ

チキンカレーです

 

 

ヨーグルトを使ってるんですけど

混ぜるとマイルドに

混ぜないとリッチな感じになります

写真のは混ぜてないです

 

次はポークビンダルを狙ってます。

 

 

 

 

 

 

さて

前置きが長くなりましたが。。

今日は僕の最近やってる制作について書こうと思います

 

普段ヘッドアレンジや曲提供などはやってるんですが

そろそろ自分名義のアルバムつくりたいなと

鉄は熱いうちに打てってことなんで

Solo albumを絶賛製作中です

 

Rockを基本に色々アレンジいれていきます

 

文字で説明してもわかりにくい

そこで

今日はほんまに少しだけですが

デモ音源を聞いてもらおうと思います

鍵盤はまだ入ってませんが

方向はこんな感じでいきます

 

それではどうぞ

随時結果報告していきます

 

 

0 コメント

運指練習 その1

ギターのteruです

 

相変わらず寒い日が続きますね

今日は雪が降ってました

 

寒いのは苦手ですが

雪は好きです

テンション上がってしまいます

 

でもwinter sportsはなんにもできません...無念。。笑

 

さて

今回は普段やってる

運指練習について書こうと思います

 

運指練習って半音移動のやつとか

斜め移動のやつとか

色々ありますよね

 

その日はじめてギターを弾くとき

アクセントや指の動きを確認するには

単純な動きが一番なんですが

毎日やってるとさすがにダレてくると言うか

慣れた動きを繰り返してるだけになって

せっかくの余裕がもったいない気がするんです

 

そこで今日は僕が普段やってる

アルペジオを使った運指を紹介したいと思います

 

まあ文章より見た方が早いのでひとまず

動画をご覧ください

こんな感じでコード進行を決めて

アルペジオを繋げていけば

普段のクロマチック運指にプラスして

横移動、度数、コードの位置関係、アルペジオのフレージングなど

が身に付いてしまうと言う

それはそれは恐ろしい練習法なのです。。

 

ちょっと大げさですね笑

 

これは5弦始まりですが

6弦始まりも練習します

ちなみに

必ずRootから弾き始める必要はないので

Rootから弾き始めて

次のコードは3度からとか

組み合わせは自由です

 

大事なのはコードの移り変わりを体感するのと

それぞれの始まりの度数を選ぶ事です

 

一応説明しておくと

度数というのは

音楽で使う単位みたいなもので

 

Cのアルペジオ

ド、ミ、ソなら

Root、3度、5度となります

 

だかが運指練習

されど運指練習

目的を足していけば

どんな練習にもなりえるのです

 

ちなみに

この練習にスケールとフレーズを足すと

こんな感じ

 

それではよいギターライフを!

0 コメント

ソロギター isn't she lovely

どうも

ギターのteruです

 

前回からしばらく空いてしまいましたが

なんとか2回目の投稿ができました。。

不定期ですが頑張ってどんどん更新していきますよ!

、、、これは願望です笑

 

さて

今回はソロギターの演奏をアップしたいと思います

 

曲は

Stevie Wonder - Isn't She Lovely

まずは原曲をどうぞ

 

なんでも娘の誕生日祝いに書いた曲らしく

邦題は『可愛いアイシャ』

 

CMとかでもよく流れるので

一回は耳にした事ある曲ですよね

ちなみにHONDAロゴのCMで1997年に使われてたみたいです

 

、、、可愛い愛車、、ですかね笑

では演奏の方をどうぞ!

0 コメント

使用ギターの紹介 その1

はじめましてギターのteruです

機材の事やらギターの事やらここで書いていきます

 

ブログとか続いた試しが無いので不安しかないですが

続けるを目標にする事にします

 

 

それでは記念すべき第一回目の記事に参りましょう

 

今回紹介するのは

fender american dx fat 2000年のモデルです

かれこれ十年以上の付き合いですが

まだまだメインで使ってます

 

とは言うもののパーツ、ピックアップなどほとんど変えてるので

もともとの部分はボディとネックぐらいですけどね。。

ネックは太めで重量もまあまああります

 

ピックアップはフロントとセンターにノイズレス

リアにオリジナルのハムが乗ってました

今はsuhrのMLとDSHに変えてます

ノイズレス自体fender時代のjohn suhrが開発に関わってるみたいですね

それもあってか変えても相性は良かったです

 

十数年ぶりに蓋を開けた図

ほこり地獄。。。

 

フロントにもハムが乗せれるように

最初からザグりがいれてありますね

また気が向いたらフロントにはp-90乗せてみようかな

 

ネックジョイントはfreedomの3mmのやつに変えてます

スプリングはraw vintageに変えてます

生音はスプリングの音がでかくなった感じ

 

アンプ、ペダルの効きにどこまで影響するかわかりませんが

こういう小さい積み重ねが音をよくするんだと思います

 

コンデンサーも変えてて

これは一番出音が変わったと思います

普段volもtoneも滅多に全開にしないので顕著に影響が出ました

 

fenderっていじるの楽しいですよね

変えていい音が出た瞬間がたまりません

 

 

0 コメント