運指練習 その1

ギターのteruです

 

相変わらず寒い日が続きますね

今日は雪が降ってました

 

寒いのは苦手ですが

雪は好きです

テンション上がってしまいます

 

でもwinter sportsはなんにもできません...無念。。笑

 

さて

今回は普段やってる

運指練習について書こうと思います

 

運指練習って半音移動のやつとか

斜め移動のやつとか

色々ありますよね

 

その日はじめてギターを弾くとき

アクセントや指の動きを確認するには

単純な動きが一番なんですが

毎日やってるとさすがにダレてくると言うか

慣れた動きを繰り返してるだけになって

せっかくの余裕がもったいない気がするんです

 

そこで今日は僕が普段やってる

アルペジオを使った運指を紹介したいと思います

 

まあ文章より見た方が早いのでひとまず

動画をご覧ください

こんな感じでコード進行を決めて

アルペジオを繋げていけば

普段のクロマチック運指にプラスして

横移動、度数、コードの位置関係、アルペジオのフレージングなど

が身に付いてしまうと言う

それはそれは恐ろしい練習法なのです。。

 

ちょっと大げさですね笑

 

これは5弦始まりですが

6弦始まりも練習します

ちなみに

必ずRootから弾き始める必要はないので

Rootから弾き始めて

次のコードは3度からとか

組み合わせは自由です

 

大事なのはコードの移り変わりを体感するのと

それぞれの始まりの度数を選ぶ事です

 

一応説明しておくと

度数というのは

音楽で使う単位みたいなもので

 

Cのアルペジオ

ド、ミ、ソなら

Root、3度、5度となります

 

だかが運指練習

されど運指練習

目的を足していけば

どんな練習にもなりえるのです

 

ちなみに

この練習にスケールとフレーズを足すと

こんな感じ

 

それではよいギターライフを!